薄毛 予防 サプリメント

ビタミンB群と薄毛の関係

ビタミンには水溶性と脂溶性とがあり水溶性の方はビタミンB、C、脂溶性のビタミンはA、D、E、kに分けられます。

 

ビタミンB群は基本的に炭水化物や脂肪、タンパク質の代謝に作用します。

 

これらビタミンB群やCは水に溶けやすく熱に弱いため水と触れないようにしたり加熱することを避けるようにします。

 

ビタミンB群を分けていくとビタミンB1、B2、B3、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチン、PABA、イノシトールなどに分けられ全てをビタミンB群と呼びます。

 

ビオチンとビタミンB2、B6の育毛作用、AGA(エージーエー)予防、薄毛予防効果

 

これらのビタミンB群や亜鉛などは育毛や薄毛予防にとても重要なものです。

 

ビタミンB2は皮膚や髪、爪などの細胞の再生や分裂に関わり、ビタミンB6は健康的な髪の毛や皮膚の形成に関わります。

 

そんなビタミンですがその他にも様々な作用を体にもたらします。

 

ナイアシンとビタミンB6の早漏改善効果の可能性

 

ナイアシンやビタミンB6はセロトニン生成に必要です。これらを摂取することで早漏の原因であるセロトニンの不足を軽減します。

 

チアミン(ビタミンB1)の効果・効能

 

ビタミンB1は糖質を分解する補酵素として必要な成分です。

 

これが不足してしまうと糖分が過多になったり末梢神経障害の原因にもなってしまいます。

 

リボフラビン(ビタミンB2)の効果・効能

 

ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変える作用があります。

 

また髪の毛の成長に必要な必須成分で髪や皮膚など細胞の新陳代謝や分裂、再生に関わります。

 

ビタミンB2が不足してしまうと口内炎や脂漏性皮膚炎、毛髪のトラブルの元となってしまいます。

 

ナイアシン(ビタミンB3)の効果・効能

 

ナイアシンは糖質、脂質、タンパク質の代謝に影響します。

 

アルコールのアセトアルデヒドを分解してくれます。

 

アルコール依存の方はアルコールの分解で消費されるため不足がちになります。

 

不足すると「ペラグラ」という病気を引き起こします。

 

ナイアシンは糖質や脂質、タンパク質の代謝に関係します。

 

またアルコールのアセドアルテヒドを分解しペラグラという病気を防ぎます。

 

ピリドキシン(ビタミンB6)の効果・効能

 

ビタミンB6は一部のアミノ酸を形成するのに必要な成分です。

 

アミノ酸は数種類ありそれらが髪の毛の形成に関わるため、その元となるビタミンB6は大切な成分です。

 

メコバラミン(ビタミンB12)の効果・効能

 

ビタミンB12は葉酸と協力し赤血球が正常に分化するのを助ける作用があります。

 

髪の毛も血液から栄養を受け取り育つため大切なビタミンです。

 

パントテン酸の効果・効能

 

パントテン酸は副腎皮質ホルモンの生成を促進しビタミンB6や葉酸と共に肌バリアや免疫力の向上に関わります。

 

葉酸の効果・効能

 

葉酸はビタミン12と協力し血液の生成を助ける働きがあります。これによって免疫力も高まり頭皮を外部の刺激から守ります。

 

ビオチン(ビタミンB7)の効果・効能

 

ビオチンは皮膚炎を予防します。

 

またこのビタミンは糖質や脂質、タンパク質の代謝にを助けアミノ酸からブドウ糖を作るのに必要な成分です。

 

イノシトールの効果・効能

 

髪の毛を健康に保つ作用があります。

 

その他にも抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれ脂肪肝を改善します。