薄毛 予防 サプリメント

髪の毛とイソフラボンの関係

イソフラボンは大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種です。

 

女性ホルモンと似た作用をすることから近年最も注目されている栄養素です。

 

大豆そのものからも摂取できまた加工食品だと納豆や豆乳にその効果があります。

 

今ではサプリメントも数多くあります。

 

そんな大豆から摂取できるイソフラボンですが薄毛の改善にも効果的という評判です。

 

また、血行を良くする作用があり冷え性改善や悪玉コレステロールを減少させ血圧を下げる効果もあります。

 

つまり血行が良くなることでより髪の毛の生えやすい頭皮環境に整えてくれます。

 

また、産後の抜け毛にもイソフラボンは効果的で、産後の髪質変化を予防します。

 

それではもう少し詳しく解説していきます。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする

 

イソフラボンは女性ホルモンの一つエストロゲンと似た作用をすると言われています。

 

そのため女性ホルモンが減少することで発症する薄毛改善に期待できる成分です。

 

また更年期障害の補助栄養素としても効果的で女性ホルモンが減ってしまった女性にはオススメです。

 

しかしこの大豆から取れるイソフラボンはエストロゲンの1000分の1の効果に限定されるため体の不調にメインの栄養素としては不向きです。

 

あくまで補助栄養素という感覚で捉えてください。

 

含まれる食品は?

 

イソフラボンの摂取目安量は1日の70から75gとされています。

 

その量は牛乳パック1パック程度の量になりわりと摂取するのが大変です。

 

また納豆や豆乳、きな粉、味噌などからも大豆イソフラボンが摂取できます。

 

これらをバランス良く食事に織り込み摂取すると無意識に1日の摂取量をクリアすることができます。

 

摂取量はそれくらいが理想?

 

本来イソフラボンの理想的な摂取量はサプリメントで30mg、食品からだと50mgが理想的です。

 

逆にイソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因となるので理想的な摂取量にとどめておいたほうが安全です。

 

イソフラボンで薄毛改善に

 

女性の薄毛にも有効なイソフラボンですが、男性の薄毛にも有効です。

 

男性の薄毛は悪玉男性ホルモンが関与していますが、それを防ぐ効果があります。

 

ですから男性の育毛剤などにもわりと含まれています。

 

ホルモンバランスを整えるのに健康的な栄養素となので薄毛に悩んでいるのならば積極的に摂取したいものです。

 

こちらも参考になります。